読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝の電車

東京の朝の電車には、

人と、一人ひとりの殺意とが

めいっぱいに詰まっている。

 

出社する憂鬱、ヒールのかかとの痛み、

咳をするのにマスクをつけていない前の人、

朝なのに理解できない体臭、二日酔いの頭痛、

まだ満員でないのに完全にもたれかかってくる人、

空いているスペースがあるのに頑なに詰めようとしない人、

背中に突き刺さったカバン、

シャカシャカとイヤホンから音漏れ、

足を伝う、隣の人のビニール傘の水滴。

 

全ての負の気持ちが殺意に変換されて、朝の電車にぎゅうぎゅうに詰まっている。

 

 

 

先週の朝の電車。

 

カップルが仲良さげにしゃべっている。

朝から楽しそうで、それは別にいいけど。

男は女を人々から守ろうとしているのか、

女の周囲の空間をあけて、それを囲う形で立っている。この混雑した車内で。貴重な空間を。

その男の肘がするどく私のわき腹に突き刺さっている。

 

腑に落ちない。


極め付け。

ノイズキャンセルされた

イヤホンの曲と曲のすきまに聞こえた会話が、
「フェスとか行きたいな」
「行きたい〜!」
だったので最悪だ。最悪の朝のはじまりだ。

 

f:id:ago20th:20170116001350j:image